本文へスキップ

27th Alumni Association

彩の国いきがい大学東松山学園 2011年4月入学、2013年3月卒業の第27期生校友会です。

美術工芸科のページ

本  文

第4回美松会美術展 出展作品一覧

水彩

画像の説明

No.11
金子 義哉
自画像 (ひごつくり)

画像の説明

No.12
金子 義哉
アンコールワット遺跡

画像の説明

No.13
河原 進
夏の信濃路

画像の説明

No.14
木村 皖英
(風景) 静寂

画像の説明

No.15
木村 皖英
(風景) 力強く

画像の説明

No.16
木村 皖英
(静物) 菜園の恵み

画像の説明

No.17
神代 笑子
今夜何を飲もうかな?

画像の説明

No.18
神代 笑子
ニャン むむっ!

画像の説明

No.19
神代 笑子
Huge!

画像の説明

No.20
黒澤 晃
両神山

画像の説明

No.21
黒澤 晃
雨あがりの小滝(習作)

画像の説明

No.22
黒澤 晃
手回り品

画像の説明

No.23
小和瀬七郎
晩秋の富士山

画像の説明

No.24
小和瀬七郎
昭和のディズニーランド

画像の説明

No.25
齊藤 義信
新方川の桜並木(2016)

画像の説明

No.26
齊藤 義信
冬のネギ畑(習作)

画像の説明

No.27
齊藤 義信
東京・五日市「広徳寺」山門

画像の説明

No.28
齊藤 義信
山形・村山東沢沼沿いの道

画像の説明

No.29
齋藤 康二
小道(習作)

画像の説明

No.30
齋藤 康二
憩いの広場

画像の説明

No.31
坂本 博秀
オー デッケィ

画像の説明

No.32
佐久間秀雄
ミューズの秋

画像の説明

No.33
佐久間秀雄
オランダの光と影

画像の説明

No.34
佐久間秀雄
大鳥、瀧を翔ぶ

画像の説明

No.35
佐々木和夫
さくら並木(習作)

画像の説明

No.36
白井恵美子
ペリー通り

画像の説明

No.37
白井恵美子
ブルームーン

画像の説明

No.38
白井恵美子
瞬間のかがやき

画像の説明

No.39
関矢 勇
森林浴

画像の説明

No.40
野々村一彦
木陰(智光山公園)

画像の説明

No.41
野々村一彦
野菜と果物

画像の説明

No.42
野々村一彦
堂ヶ島の海

画像の説明

No.43
野々村一彦
夕暮れ(狭山市) アクリル

画像の説明

No.44
加藤 健二
スケッチ我が家の収穫物

画像の説明

画No.45
江森 典子
人参の花 (ボタニカルアート)

画像の説明

No.46
江森 典子
バラ  (ボタニカルアート)

画像の説明

No.47
江森 典子
トウガラシ(ボタニカルアート)

画像の説明

No.48
戸張 久男
函館・八幡坂

画像の説明

No.49
戸張 久男
青梅・宗徳寺


 なお、以下の作品については都合により作品画像の掲載を遠慮させていただきます。
 No.1 内田 禮子 空の映る池
 No.2 内田 禮子 つかの間の夕焼け
 No.3 内田 禮子 ばら園のアーチ
 No.4 内田 禮子 池のほとり
 No.5 内田 禮子 静かな朝
 No.6 内田 禮子 秋の実り
 No.7 内田 禮子 雨上がり
 No.8 内田 禮子 初 雪
 No.9 内田 禮子 太田ヶ谷池の桜
 No.10 内田 禮子 清みきった流れ

油彩

画像の説明

No.50
小高 棣
初冬の富士

画像の説明

No.51
小高 棣
真夏の三平湾(沖縄)

画像の説明

No.52
小高 棣
夕暮れの富士

画像の説明

No.53
河原 進
初夏の妙高山遠望

画像の説明

No.54
小西 利幸
六代目 我不知我

画像の説明

No.55
小西 利幸
流氷の中を進むオーロラ号

画像の説明

No.56
小和瀬七郎
裏妙高

画像の説明

No.57
小和瀬七郎
長瀞岩畳

画像の説明

No.58
佐久間秀雄
月のカフェテラス

画像の説明

No.59
佐久間秀雄
旅立ちのウェディング

画像の説明

No.60
関矢 勇
芦ノ湖富士

画像の説明

No.61
関矢 勇
白川郷

画像の説明

No.62
関矢 勇
長瀞の秋


 「釈文」をクリックして下さい。

画像の説明

No.63
楠田 節子
萬家太平春
釈文

画像の説明

No.64
黒澤 晃
唐詩(丁 仙芝)
釈文

画像の説明

No.65
小西 利幸
短冊 和歌(自詠)
釈文

画像の説明

No.66
坂本 博秀
風吹新緑
釈文

画像の説明

No.67
坂本 博秀
道法自然
釈文

画像の説明

No.68
田中 長光
遠慮近憂
釈文

画像の説明

No.69
清治 豊
春遂鳥聲開
釈文

画像の説明

No.70
清治 豊
松尾芭蕉の句
釈文


写真

 写真はクリックすると大きな画像が表示されます。

画像の説明

No.71
河原 進
ハイウェイとビル群の夜景

画像の説明

No.72
神代 笑子
郷愁(解説

画像の説明

No.73
黒澤 晃
必死の攻防

画像の説明

No.74
齋藤 康二
虹の光妙

画像の説明

No.75
齋藤 康二
ほっかほっか

画像の説明

No.76
坂本 博秀
5月の上高地

画像の説明

No.77
佐々木和夫
大相撲

画像の説明

No.78
加藤 健二
茜 雲

画像の説明

No.79
加藤 健二
山の目覚め

画像の説明

No.80
大堀 重雄
マーライオン

画像の説明

No.81
大堀 重雄
マリナーベイサンズ

画像の説明

No.82
林 純華
蝶と花

画像の説明

No.83
林 純華
棕櫚(シュロ)の花

画像の説明

No.84
深澤 勲

画像の説明

No.85
深澤 勲
富士山・嵩雲・丹沢山地

画像の説明

No.86
森脇サツ子
初夏のよそおい

画像の説明

No.87
我妻 君彦
釣りびと

画像の説明

No.88
我妻 君彦
今日は晴れるかな

画像の説明

No.89
深澤 壽子
あかねノ雲と榛名山

画像の説明

No.90
奥富 博
光にふれる


篆刻

 「釈文」をクリックして下さい。

模刻について

画像の説明

No.91
小高 棣
懐永園(模刻)
釈文

画像の説明

No.92
小高 棣
才望高雅
釈文

画像の説明

画像の説明

No.93
金子 義哉
秋鐙如狐螢
釈文

画像の説明

No.94
金子 義哉
寒往煕春來(模刻)
釈文

画像の説明

No.95
黒澤 晃
氣蘊風雲
釈文

画像の説明

No.96
黒澤 晃
鐵裏磨尼(模刻)

画像の説明

No.97
田中 長光
玄虚澹泊(模刻)
釈文

画像の説明

No.98
田中 長光
遠慮近憂
釈文

画像の説明

No.99
浅見 昭子
剛毅果断
釈文

画像の説明

No.100
浅見 昭子
骨気深穏(模刻)
釈文

画像の説明

No.101
森脇サツ子
積善余慶
釈文

画像の説明

No.102
森脇サツ子
玄虚澹泊(模刻)
釈文

画像の説明

No.103
奥富 博
柳緑花紅
(りゅうりょくかこう)

画像の説明

No.104
奥富 博
玄虚澹泊(模刻)
(げんきょたんぱく)



工芸

画像の説明

No.105
神代 笑子
能面  長霊癋見(ちょうれいべしみ)

画像の説明

No.106
神代 笑子
能面  猿飛出(さるとびで)

画像の説明

No.107
神代 笑子
人形  憂

画像の説明

左の部分

画像の説明

神代 笑子
人形 来年の干支


No.108 小和瀬七郎 陶芸  時計 富士山 花


No.109 佐久間秀雄 陶芸  陶人形


上の背面


No.109 佐久間秀雄 陶芸  織部焼

画像の説明

No.110
森脇サツ子
スノープレゼント (パッチワーク)

画像の説明

No.111
奥富 博
点描文様花瓶


その他

画像の説明

No.112
佐々木和夫
実りの秋(柿)

画像の説明

No.113
田中 長光
木版画  師走の雷門


美松会27 第4回(2016)美術展 好評のうちに閉幕!

  • ◇ 今年3月に市立図書館の展示室利用申込み受付方法が変わった。
     利用予定の6ヶ月前の5月2日(月)、受付開始時間に集まった各団体が1室に集められ、利用交渉の順番を決める「くじ引き」に臨んだ。結果的に空いていた11月22日(火)~27日(日)を予約した。
      同時に市教育委員会への後援申請方法も変更されており、新たな手続きで8月に後援承認決定通知を受け、図書館への正式手続きを終えたのだった。
  • ◇ 前回(2015)美術展と同じく、美術工芸科卒業生21名と、共に研鑽するアート系クラブ(水彩画クラブ、手習い27、写真クラブ「椚」、篆刻<二火会>)等の他科10名の計31名が参加し、水彩49、油彩13、写真20、書8、篆刻14、工芸7(能面2、人形1、陶芸3、手芸1)、その他2(盆栽1、木版画1)の多岐にわたるジャンルに及び、計113点が出展された。
  • ◇ 特に水彩の出展数が多く、展示室1を出てホール部分のL形ボード2台と、展示室2の1面に展示された。
  • ◇ 初日の22日(火)午前9時半、出展者の搬入が行われた。予め決めたレイアウトに従い、ホールに移動式L字形ボード4台を並べ、展示室1と2に移動式壁型吊下げボードをセッティングし、皆で展示作品を展示していった。1時間半ほどの時間を費やし、午後1時30分から開幕した。
  • ◇ 打上げ宴予定の24日(木)、前夜からの雨が朝7時前に雪に変わった。関東地方への初雪は54年振りとのこと。東松山は午後3時頃には雪は止み、残る黒雲の隙間から青空と太陽がのぞき始めていた。会場の居酒屋『庄や 東松山店』2階の座敷に、建物屋根に残る雪を見ながら出品参加者18名が午後5時半までに集まり、生ビールで乾杯した。互いの出展作品を褒めあい、飲み、食べ、そしてカラオケに興じて2時間、残り3日間の美術展盛況を願って散会となった。
  • ◇ 27日日曜の午後4時、6日間の美術展が閉幕した。作品出展者が総出で作品を外し、フック、吊下げ金具等をまとめて器具箱に収納、展示ケース、テーブル、椅子等を所定の置き場に戻した。移動式L字形ボード4台をホール隅に片付けて、掃除してから展示室に施錠。

画像の説明

市立図書館正面

画像の説明

掲示板のポスター

画像の説明

正面入り口の立て看板
黒澤氏作

左から水彩、工芸、油彩


       写真                 

篆刻、右側水彩


第4回美松会美術展 受付当番表

 下記のものが会場に詰めております。ぜひお越しください。

時間∖日 22日(火) 23日(水) 24日(木) 25日(金) 26日(土) 27日(日)
10:00
 ~  
13:30
9:30から
搬入
木村
関谷
野々村
小西
江森
田中
内田
神代
加藤
齋藤(康)
13:30
 ~  
17:00
齊藤(義)
小和瀬
黒澤
金子
坂本
佐久間
河原
齋藤(康)
楠田
白井
小和瀬
齊藤(義)

 最終日は16:00までです。


第4回美松会美術展の開催

「第4回美術展の開催に向けて」

第4回ポスター
(クリックすると大きくなります)

 「美の潤いを地域へ」を合言葉に、『美松会27』の仲間と他科のアート系クラブ有志に呼び掛け、今年も第4回美術展を企画しました。
 昨年12月に東松山市立図書館に於いて、美術<水彩・油彩・写真・篆刻・書>と、工芸<陶芸・手工芸・彫刻・銅版・ガラス工芸・絵手紙>、盆栽など多数のアート作品130点を展示し、多くの市民の方々に観ていただき、暖かな激励をいただきました。
今年の「第4回美術展」は、同じく市立図書館3F展示室を会場として、昨年同様の規模を目標に企画しています。
 会期は11月22日(火)~27日(日)の6日間です。
 校友会の皆さんにも、是非とも会場に足をお運びいただいて、忌憚のないご講評と励ましの言葉を掛けていただければ幸いです。

現在、27期卒業生のアート<美術、工芸>出品者を募集しております。
来る10月20日(火)が締切日です。

(世話人代表 齊藤 義信)

・募集要領

会 期
平成28年11月22日(火)~11月27日(日) 6日間
  午前10時~午後5時(初日:午後1時30分~、最終日:午後4時まで)
会 場
東松山市立図書館 3F展示室
東松山市本町2-11-20  TEL:0493-22-0324
 東武東上線東松山駅東口 徒歩7分
ジャンル
美術<水彩・油彩・写真・篆刻・書など>
工芸<陶芸・手工芸・彫刻・銅版・ガラス工芸・絵手紙・盆栽など>
主 催
美松会27(27期美術工芸科クラス会)
後 援
東松山市教育委員会

・出品要領

ジャンル:
テーマ自由
出品数:
1人/3点程度(2~5点 工芸は別途扱い)
2016年度に制作した作品
申込期限:
10月22日(木)までに、出品申込書に記入の上、担当者にお渡し下さい。
(賛助出品希望者は、美工のメンバーにお渡し下さい。
出品料:
1名2,000円(賛助出品者は、1名1,000円)
詳しい開催要領・出品要領は「こちら」をご覧ください。
出品申込書はこちら  WORD形式  PDF形式
出品票はこちら  EXCEL形式  PDF形式