本文へスキップ

27th Alumni Association

彩の国いきがい大学東松山学園 2011年4月入学、2013年3月卒業の第27期生校友会です。

このホームページについて


  • このホームページは、「彩の国いきがい大学東松山学園27期校友会」が運営するものです。
  • ページの作成、更新、管理は、上記校友会の広報委員会が行います。
  • ホームページの遵守すべき基準、規定や個人情報保護方針は、上位団体である「松連協」のホームページに準じます。


本  文

ホームページの利用状況 2015年度

 2015年4月1日〜2016年3月31日のサーバアクセスログを、”WebLog Expert Lite”というToolで解析し、結果を抜粋し、前年度の当ホームページの利用状況としてまとめました。

見にきた人の数(訪問者数)

 下の表の、「訪問者数」はある「1日」に27期サイトを見に訪れた人の数、「ページビュー数」は、開かれたクラス、クラブなどのページの数で、同じ人が同一ページを2度開けばページビューは2になります。

ページビュー数
総ページビュー数 28,629
平均ページビュー数/日 78
平均ページビュー数/訪問者 0.79
訪問者数
総訪問者数 36,357
平均訪問者数/日 99

 普通、訪問者数よりページビューの値は大きくなるので、両者の比が0.79というのは不思議です。

 クローラというのは、Googleなどの検索サイトの情報収集ロボットですが、これが来ても訪問者数にはカウントされるが、ページビューにはカウントされないとか。

 また、当サイトのユーザーは自分の関係するクラス、クラブのページしか見ないようです。

 これらが相まっての結果でしょうか。

 いずれにしろ、一日平均99名の人が訪れる(実質はその何割引きとしても)のは、悪くない数字でしょう。下図は日別の訪問者数のグラフです。

日別訪問者数折れ線グラフ

人気のあるページ

 下図は、どのページが良く見られているか、延べの訪問者数で表したグラフで、言うまでもなく更新頻度の高いクラス、クラブのページが上位に並びます。

人気のあるッページの棒グラフ、トップページは7.500

到達の経路

 どうやって当サイトのページに来るかというデータですが、下表は当サイトの直前に見ていたページのデータです。直前の閲覧なく、更新案内などを見て直接目的ページに飛んでくるのが大部分のようです。現在、更新案内は更新記事のアドレスを連絡していますが、他のクラス、クラブの記事もたまには見ていただくには、これを改めた方が良いのでしょうか。
 松連協のページから来るのは他期の方でしょうか。検索サイトからの訪問は極めて少ないようです。

サイト 訪問者数
直前の閲覧なし 21,540
http://www.shorenkyo.org 2,772
http://higashimatsuyama27.org 1,581
http://bing.com 134

 その少ない検索サイトでどんな検索語が使われたのかが下表です。上の方の日別グラフで正月前後にピークがありますが、このとき「新年会」の語の検索に引っかかったようです。当サイトでもクラスやクラブの新年会の記事は沢山あります。
 「いきがい」とか「生涯学習」などのキーワードを登録していますが、そんな言葉では当サイトなど引っかかりませんね。

語句 訪問者数
新年会 案内文 470
新年会のお知らせ 306
新年会 案内 159
いきがい大学東松山学園 126
木版画 49
旅行案内 36
新年会 案内文 町内会 36
耐雪梅花麗 35
新年会 案内文 町内 34

ブラウザ・OS

 最後に、訪れる皆さんのアクセス環境についてです。

OSの円グラフ、Windows7が3分の1

OS,2016年4月以降の円グラフ

 まず、OSについて。Windows7の搭載PCが3分の1強を占め主流です。これが4月以降の直近のデータではWindows10が15%を占めるまでになっている。7や8.1の比率はさほど減っていないようで、無料アップグレードでなく、古い装置の買い替えでしょうか。
 サポートの切れたXPはまだ6%程度残っており、切り捨てしにくいところです。
 モバイルのAndroidとiPhone・iPadは、直近、半々で合わせて15%強、対応が迫られています。

 ブラウザは、OSの結果を反映しており、Internet Explore(以下IE)が半分を占めますが、ChromeやFirefoxを使っておられる方も案外多いようです。
 IEのバージョンもOSを反映していますが、7とか6もかすかに残っているようです。

使用ブラウザの円グラフ、IEが50%

IEのバージョンの円グラフ、11が3/4

以上


「更新の知らせがあったのに、何も変わっていないじゃないか\(`0´)/!!」

 表題のようなお怒りのメールを頂きました。同じように怒っている方が他にもおられると思い、対策記事を掲載します。

更新ボタンマーク「更新ボタン」をクリックするだけで解決

 「更新ボタンマーク」をクリックすると最新のページが表示されます。回答はこれだけで、一つのコラムにするほどではありませんね。
 丸まった矢印のボタンは「更新」ボタンと呼びます。反時計回りの更新ボタンマークとか上下矢印の更新ボタンマークの記号を使うこともありますが、主要な「ブラウザ」は皆、時計回りの矢印です。ボタンのある場所は、インターネットエクスプローラの場合は、下図のようにアドレス欄の右端にあります。他のブラウザでも似たり寄ったりの場所にあります。
更新ボタンの場所

インターネット一時ファイル

 インターネットエクスプローラなどのブラウザは、一度表示したページをファイルとしてパソコンの中に保存しています。これを「インターネット一時ファイル」と呼んでいます。次に同じページを表示するときパソコン内のファイルを使い、回線の使用量や時間を節約するのです。このため、ページが更新されているのに、まだ表示は古いままというような現象が生じます。
 一時ファイルの置き場所の容量は一定に決められており、古いものから順に押し出されて消えてゆくので、3日ほど経ったら新しいページに変わっていたなどということも起きます。

 最近のブラウザはどんどん賢くなっていて、更新されているかどうかチェックして、更新されていないときだけインターネット一時ファイルを使うようになったため、更新ボタンの出番は少なくなっています。

更新ボタンマーク でも変わらないときは一時ファイルを全部消す

 更新されたはずなのに更新ボタンを押しても変わらないという現象が以前は時々あり、悩まされました。この場合はパソコン内のインターネット一時ファイルを一度、全部消してしまうと解決します。手順は次のとおりです。

  • 1 設定ボタンをクリック、右上端の歯車マークです。設定ボタンの場所
  • 2 開くメニューから「インターネットオプション」をクリック、下から2番目です。
    設定メニューインターネットオプションウインドウ
  • 3 オプション画面(上の右図)、全般タブ4番目の「閲覧の履歴」の削除ボタンをクリック。
  • 4 「閲覧の履歴の削除」画面の上から2番目、「インターネット一時ファイル・・・」にチェックを入れ削除ボタンを押す。
    閲覧の履歴の削除ウインドウ

 一番上の「お気に入り・・・」にチェックを入れると消すべきものが残ってしまうことがあるので、必ずチェックを外します。
 3番目以降の項目は今回は消す必要のないものなので、やはりチェックを外しておいた方が良いでしょう。

 以上の手順はインターネットエクスプローラ11のものですが、その前のバージョンや、Firefox、Chrome、Safari など他のブラウザでもそれほど変わりありません。

 前に触れたように、ブラウザはページの変更を調べていますが、ページに触らず中の写真だけ入れ替えたとか、参照しているPDFファイルを差し替えたなどというときは、賢いブラウザも騙されることがあります。こういうのは製作者の方が悪いのですが。